スターフライヤーの国内線を利用しました

格安航空券にしては高い?

スターフライヤースターフライヤー航空券情報

格安航空券にしては高い?羽田からでてるのは助かるある程度の荷物なら追加料金無し

たびたび福岡など九州地方に用がありどの路線を使用するか頭を悩ませています。
たくさんのお金がある状態であるならばあまり悩むこともないのかも知れませんが、自営業に近く経費が会社から落ちる訳でもないので、交通費はどうしても利便性だけでなく、実際にかかる費用も重視して考えるようになっているのです。
東京から九州までという長旅になると、安い高速バスや18切符が候補にあがってきてしまうのですが、これらは安いとはいえ長旅だと苦痛がかなり伴う移動手段です。
若い20代あたりまではそれほどの苦痛でもないのかも知れませんが、加齢で身体の節々が痛くなるようになっていると九州地方まで18切符や高速バスを利用してたどり着きたいとは思えなくなってきます。

南九州旅行で飛行機の路線見てるんだけど、ANAだとあんまりねぇんだな...スターフライヤー乗りたいんだけど

— やまじながえ✈️メットライフは名古屋とどこか (@yamaji_Nagae) 2018年10月1日
そのような状況の中、国内線でLCCの中ではとりわけ安いという訳ではなく、むしろ高い部類に位置するのではないかと思われるスターフライヤーが目につくようになりました。
スターフライヤーはANAの系列であり、東京から福岡までの価格帯は9000円前後から20000円前後と決して他LCCとくらべて安いわけではありません。
LCCの中には東京から福岡までを5000円以内に設定しているところもありますので、倍から数倍高いとも言えます。